2009年9月2日水曜日

iPhone:配列

[1]配列を扱う2つのクラス
  • NSArray :生成後に変更できない
  • NSMutableArray :生成後に変更可能
[2]配列による要素の保持と破棄
  • 配列に要素を格納すると、その要素が retain実行されます。
  • 配列を破棄すると、全ての登録済要素に対して releaseが実行されます。
  • 配列から要素を除去するメソッドを実行した場合、その要素に対して releaseが実行されます
[3]配列の生成
NSImage* image1 = [NSImage imageNamed: @"Image1.jpg"];
NSImage* image2 = [NSImage imageNamed: @"Image2.jpg"];
NSImage* image3 = [NSImage imageNamed: @"Image3.jpg"];
NSImage* image4 = [NSImage imageNamed: @"Image4.jpg"];
NSArray* imageArray = [NSArray arrayWithObjects : image1, image2, image3, image4, nil ];
nilを忘れずに最後に追加すること
[4]配列を参照する
// 配列の要素数を取得
NSInteger count = [imageArray count];
// 配列の中身を取得
int i;
for ( i=0 ; i < count ; i++ ){
NSLog( @"Item %d = %@", i, [imageArray ocjectAtIndex: i]);
}
[5]配列要素の追加・削除
配列の要素を動的に操作する場合にはNSMutableArrayを使用します。
//空の配列を作成
MSMutableArray* array = [MSMutableArray array];
追加 ・・addObject:
挿入 ・・insertObject: atIndex :
削除 ・・removeObjectAtIndex :
置換 ・・replaceObectAtIndex : withObject:
順番の入れかえ ・・exchangeObjectAtIndex : withObjectAtIndex

[6]XMLファイルから配列を読み込む


// XMLファイルのパスを取得
NSBundle* bundle = [NSBundle mainBundle];
NSString* path = [bundle pathForResource: @"xxxxx" ofType :@"plist"];



// XMLファイルを読み込む
NSArray* array = [NSArray arrayWithContentsOfFile: path];


プロパティリストの作成
(1)XCodeのResourceグループでコンテキストメニュー
追加>新規ファイルを実行

(2)”新規ファイル”ダイアログで、Mac OS X>Other>Property Listを選択
(3)編集する
・RootのTypeをArrayにすること

0 件のコメント:

コメントを投稿