2009年12月26日土曜日

スケッチ 解説(7) ぼかしツール

今回は、”スケッチ”アプリケーションの4つのツールの最後、”ぼかしツール”を使います。
このツールを使うと、指でなぞった部分を、周囲の色となじませることが出来ます。このツールにも太さと濃さの設定が出来ますので、効果のかかり具合を好きなように調節することができます。以下が設定画面です。


落ち葉の背景に、黒くてすべすべした石を何個か描いてみたいと思います。すべすべした表面は、これまでに使ったツールでは表現しずらいものです。
まず左の絵を描きました。丸ペンで、4色だけを使って粗いグラデーションで石を描きます。
次にぼかしツールを使って石の表面の色をなじませ、滑らかにしました。ぼかしツールで石を表面を数回撫でると、右の写真のようになりました。



次は、もっと広い範囲をぼかして、ピンぼけのような効果を出してみます。
左の絵を加工して、中心の落ち葉だけがくっきり見えるように、背景をぼかしてみます。ぼかしツールの濃さを強めに設定して、背景部分を数回なぞると、右の写真のようになりました。


”スケッチ”のぼかしツールでは、フィルタによる加工と異なり、ぼかしをかける場所や強さを好きなように制御出来ますので、写真の加工などでも面白い効果を得られると思います。

2 件のコメント:

  1. 投稿作品展とか無いのでしょうか

    返信削除
  2. スケッチのご利用ありがとうございます。
    スケッチで描いた絵を共有する方法を検討したいと思います。
    ご意見頂きありがとうございます。

    返信削除