2015年4月25日土曜日

Apple Watch 手首をあげたときの動作

リスト+などのアプリをApple Watchで使う場合、「手首をあげたときの動作」の設定を変えると使いやすくなります。

デフォルトでは「文字盤を表示」に設定されていますが、これだとある程度の時間スリープすると文字盤に戻ってしまうため、その都度アプリを起動しなおすことになります。

設定はiPhoneの「Apple Watch」アプリで行います。
一般>手首を上げたときの動作>最後の操作を再開





0 件のコメント:

コメントを投稿