2009年11月13日金曜日

iPhone:支出管理 マニュアル(2) グラフモード

グラフモードでは、記入モードで登録した支出を3種類のグラフでレポートします。画面の右下のボタンで3種類のグラフを順番に切り替えることができます。


[1]支出の推移(折れ線グラフ)
横軸が日、縦軸が支出金額を表しています。
その月の支出額が日ごとに増えていく様子を確認することができます。
支出ペースの増加ペースを確認して、ペースが速すぎる場合にブレーキをかけることを目的としています。


 分類毎に色分けされ、積み上げ表示されていますのでどの分類の支出が多いかを把握することができます。

-支出アイコン
 支出がアイコンとして表示されており、いつどんな支出をしたかを直感的に確認できます。アイコンにタッチすると、左の写真のように吹き出しが出て支出の詳細情報を確認できます。

-予算線
 予算ラインが表示されます。また、斜めの線は一定のペースで支出して予算を使い切った場合の線を表現しています。支出のペース確認の目安になります。

-月の切り替え
 <>ボタンで表示する月を切り替えます。

-写真サイズの切り替え
 左下のボタンは、このグラフでのみ有効なボタンです。写真のサイズを3段階に切り替えます。


[2]支出の内訳(円グラフ)
月の最終的な支出合計額の、分類ごとの内訳を円グラフで表示します。
どの分類の支出が多いかを確認することを目的としています。

-タッチで詳細情報
 グラフをタッチすると、左の写真のように吹き出しで情報を表示します。そのまま指を離すと、[4]リスト画面へ移ります。

支出合計の部分も同様にタッチ可能です。

-月の切り替え
 <>ボタンで表示する月を切り替えます。








[3]月ごとの支出の推移(棒グラフ)
それぞれの月の支出を棒グラフを表示します。予算や、過去の月との比較をすることができます。

-タッチで詳細情報
 円グラフと同様に、グラフをタッチすることで分類ごとの情報を吹き出しで見ることができます。また、そのまま指を離すと[4]リスト画面へ移ります。

グラフの一番下の、月の名称の部分をタッチすると支出合計の情報を見ることができます。

-分類の切り替え
 グラフは初期状態では支出の合計を表示していますが、
<>で分類ごとのグラフに切り替えることができます。







分類ごとのグラフです。
特定の分類に注目して、月ごとの推移を確認することができます。




















[4]リスト表示
グラフでタッチした分類の、支出項目一覧をリスト表示します。

項目をタッチすると、支出項目の詳細確認画面に移動します。

















支出項目の詳細画面です。

























0 件のコメント:

コメントを投稿