2009年11月13日金曜日

iPhone:支出管理 マニュアル(4) 検索モード

検索モードでは、期間/金額/分類とキーワード(項目名とメモ)を組み合わせた条件で支出項目を抽出し、リストを見たり合計金額を知ることができます。


[1]検索条件
画面には、現在設定されている検索条件が表示されます。初期状態では全ての条件は”条件なし”の状態になっています。

-検索条件の編集
 5つの条件を変更するためには、セルをタップしていください。詳細画面に移ります。([2]〜[6])

-順序の変更
 検索実行後に表示されるリストの順序を表示しています。変更する場合はセルをタップしてください。

-検索条件を初期化
 ボタンをタップすると、全ての検索条件が”条件なし”に戻ります。

-検索実行
 右上のボタンをタップすると、設定された条件に従って検索が行われ、検索結果を表示するリストに移ります。

[2]検索条件:日付
検索対象とする期間を設定します。
期間の最初の日のみ設定するか、最後の日のみ、もしくは最初の日と最後の日の両方を設定します。

初期状態では最初の日も最後の日もスイッチがオフになっており、編集できない状態です。

設定するためにはまず、スイッチをタップしてオンにします。
すると日付のテキストが青色に変わり、画面したの日付ピッカーが有効になります。ピッカーで選択した日付が反映されます。










[3]検索条件:金額
検索対象とする金額の範囲を設定します。
最低額のみ、最高額のみ、もしくは最低と最高の両方を設定することができます。

初期状態では両方ともスイッチがオフになっています。
条件設定するためにはまずスイッチをオンにしてください。金額が変更可能になりますので、スライダーか電卓のいずれかを使用して金額を変更してください。














[4]検索条件:分類
検索対象とする分類を設定します。
チェックのついている分類だけを抽出します。

全てを選択をタップすると、全ての分類にチェックが付きます。

全てを選択解除をタップすると、全ての分類のチェックが外れます。















[5]検索条件:項目名
項目名の検索キーワードを設定します。

-キーワード
 キーワードはスペースで区切って複数設定することができます。

-検索条件
 全てを含む:キーワードを複数設定した場合、すべてキーワードを含む項目が抽出されます。

 一部を含む:キーワードを複数設定した場合、キーワードのどれか一つ以上を含んだ項目が抽出されます。

 一致:キーワードと完全に一致した項目が抽出されます。







[6]検索条件:メモ
メモの検索キーワードを設定します。

操作方法は[5]項目名と同じです。




















[7]順序の設定
検索結果をリスト表示するときの順序を設定します。






















[8]検索結果リスト
検索実行ボタンをタップすると、設定した検索条件に従って支出が抽出され、結果がリストに表示されます。

セルをタップすると、支出の詳細画面に移動します。


















支出項目の詳細表示画面です。
























0 件のコメント:

コメントを投稿